メールフォーム
モータースポーツファクトリーアローズ ストレイガ チタン エキパイ セロー 250 トリッカー XT250X キャブ インジェクション オーナー インプレッション 試作品完成

モータースポーツファクトリーアローズ

作業日記です!

ストレイガ チタン エキパイ セロー 250 トリッカー XT250X キャブ インジェクション オーナー インプレッション 試作品完成

ストレイガ セロートリッカーXT250X用チタン製エキゾーストパイプの
最終試作品が完成しました。
何本もの試作品を造ってはテスト走行を繰り返した結果。
インジェクションモデル・キャブモデル全機種に対応可能となりました。
tori11.jpg
最終試作品では有りますが、ヒートガードなどの形状は変更となる場合が有ります。
純正のエキパイと交換するだけのボルトオン設計です。
サイレンサーは純正のままで最高のパフォーマンスを発揮致します。
tori13.jpg
早速ですが、トリッカーのオーナーさんよりインプレッションが届きました!

バイク屋さんに続いて 私も試乗しました。

まず、始動性が良くなっています
セルボタンに軽く触れるだけでエンジンがかかる感じでした。
音も静かになっていてさらに 不快な「ベ~」という音が消えています。

またがって ギヤをローに入れてクラッチ繋いだ瞬間に
トルクアップしているのが体感できます。
エンジンの振動も少なくなっています。

回転の伸びも申し分ありません
低回転域から中回転域のトルク感も2~3割増しになっている上に
その回転域から高回転までストレス無く吹け上がります。
ノーマル状態より高回転まで回るのでギヤごとの使える範囲が広がり
運転に自由度が出るので どんな乗り方にも対応出来ると思います。

全域に渡ってパワーアップしているので
ボアアップしたエンジンの車体に乗っているみたいに感じます。

いつもの路地をいつものアクセル開度で加速すると
スピードが出すぎて少し焦りました。

バイク屋さんで確認するとアイドリングは1300回転くらいでした。
単気筒としては普通の回転です ト・ト・ト・と回る感じです。
低速トルクがありそうなので 試しに全くアクセルを開けずに
アイドリングで発進できるかやってみました。

ゆっくりクラッチを繋ぐと エンストする事なく発進しました。
少しスピードが出てからアクセル開けずに2速→3速→4速とアップすると
タッ・タッ・タッ・とゆっくり加速していきました。
そのままゆっくり加速して5速まで入れてみましたが、
全くアクセル開けない状態では さすがに5速では加速しないので
やっと走っている感じですがエンストすることなく走れました。

250ccの単気筒ですからね
ものすごい低速トルクです。

ひと通り乗って ちょっと気になったところ

tori12.jpg
エキパイにチタン製のヒートガードが付いていますが
私の体格で街乗りだと、前にあと2cmくらい長いほうが良い感じです。
また、林道行ったり トライアルごっこするには
さらにエキパイの前部、斜めに下がった部分に6~7cmで良いので
小さいヒートガードがあった方が安心できます。
必要な人だけ、オプションで追加できると良いと思います。

走った後 ヒートガードを触ってみましたが、今の気温なら良いとしても
夏期だとかなり熱くなりそうな感じもしました。

性能は問題ありません、ボアアップしたりハイカムいれたりと
エンジンをいろいろイジるより このエキパイの方がパワーが出るでしょう。
まだ試作段階ですが、既に最高の出来だと思います。

話によると、インジェクション車用もほぼ完成して
もう1台の試験車両に付けたまま返却されていて
私の車体と同時にフィールドテストしているという事です。

発売も近いと思います。

パワーがあるからと言ってアクセル開けると 当然燃費が落ちるので
毎日の通勤で、いつもと同じルート、同じペースで乗ってみて
燃費を含め、もう少し性能をテストしてみます。

ngc.jpg

ストレイガ製NGCエキゾーストシステムの販売をしています。
ワンオフ製作や仕様変更のオーダーも可能です。
ストレイガ製品へのご希望やご質問などが有りましたら、お気軽にお問い合せください。

スポンサーサイト

ストレイガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ストレイガ チタン エキパイ NGC 最新情報! | HOME | ストレイガ チタン エキパイ セロー 250 トリッカー XT250X キャブ インジェクション 開発中>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |