メールフォーム
モータースポーツファクトリーアローズ セロー 225 ST225 ブロンコ TW225 チタン エキゾーストパイプ 取り付け要領

モータースポーツファクトリーアローズ

作業日記です!

セロー 225 ST225 ブロンコ TW225 チタン エキゾーストパイプ 取り付け要領

セロー 225 ST225 ブロンコ TW225チタンエキパイの取り付け要領です。

先ずサイレンサーを外します。エキパイとサイレンサーとの繋ぎめのガスケットはデリケートな素材の上に経年劣化もあります。
チタンエキパイを差し込むときにガスケットに引っ掛けると入らなくなってしまいますので、外したサイレンサーにチタンエキパイがスムースに入るか先に確認したほうがよいでしょう。
入らない場合はノーマルのエキパイを差し込み、少しこじって開きぎみにしておくとよいでしょう。

エキパイが外れている間ににパイロットスクリューの調整をしておいた方がやり易いと思います。
3回転±2分の1辺りが調子が良いですので、先ずは3回転戻しに調整しておいて下さい。

出荷時のようにアルミ製フランジと、フランジホルダーをエキパイにセットしたままエンジンに取り付けて下さい(画像1)。
sero2251.jpg
先にアルミの部分をエンジンに取り付けてからエキパイを差し込もうとすると、フランジとホルダーの奥までエキパイの差し込み部分が入らないまま取り付けてしまう可能性があります。
その場合画像2のようになります。
sero2252.jpg
エキパイが前に出てしまうのでサイレンサーとの差し込みも矢印の部分まで入らなくなります(画像3)。
sero2253.jpg
仮止め後サイレンサーを取り付け、位置決めが出来てから6ミリのキャップボルトを本締めすると、フランジホルダーが変形してエキパイを締め上げてホルダーとエキパイは抜きづらくなる構造になっていますので、以後外すときにはエキパイだけを引き抜くのではなく、ホルダーごと外すという手順になります。

全て取り付けてからスプリングの穴を画像4、5を参考に開けて下さい。
穴の大きさは3.2ミリ程、スプリングの引っ張り長さは3ミリ程で十分です(画像6)
sero2254.jpg
sero2255.jpg
sero2256.jpg
取り付け完了後、エキパイをきれいに脱脂してください。シンナー等の脱脂材をお持ちでなければ洗剤で水洗いしてしまうのもよいでしょう。

ストレイガ製エキゾーストシステムの販売とお取り付けをしています。
ワンオフ製作や仕様変更のオーダーも可能です。
ストレイガ製品へのご希望やご質問などが有りましたら、お気軽にお問い合せください。
スポンサーサイト

ストレイガ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ストレイガ KTM 125 200 DUKE チタン エキゾーストパイプ マフラー ご予約受付中! | HOME | セロー 225 ST225 ブロンコ TW225 チタン エキゾーストパイプ デリバリー開始>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |