メールフォーム
モータースポーツファクトリーアローズ ビュレットセブン KTM 125・200 DUKE デューク 取り付け説明

モータースポーツファクトリーアローズ

作業日記です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ビュレットセブン KTM 125・200 DUKE デューク 取り付け説明

NGCの特徴的なサイレンサーエンド通称ななつぼし。それを取り出したエンドキャップを 『ビュレットセブン』と名付けました。弾丸セブン。由来は BULLET CHAMBER HOLDERから。

DUKE用の取り付け要領です。純正カバーを取り付ける際にコツが要ります。
(画像は初期型125)

1)サイレンサーカバー下部のネジを外します。
bullet1.jpg
2)ビュレット7をボルトナットを前方向にして差し込みます。特に125は純正サイレンサーのパイプの加工変形が大きく、尚個体差も大きいので、軽くプラハンマー等で叩いて確実に奥に入るところまで入れて5ミリヘキサゴンレンチでボルトを締めてください。
bullet2.jpg
3)ステンレスカバーを取り付ける際に、カバーの穴の後ろとビュレットセブンの先端が当たり少々コツが必要です。(特に200)入りづらい場合はカバーのツメを少し曲げ起こすと良いでしょう。この際ツメとカバーを溶接が弱い製品があるのでお気を付けください。
bullet4.jpg
4)カバー下部のネジを取り付けて完成です。
bullet5.jpg
もうひとつの取り付け方法です。
先にビュレットセブンを取り付けずに、カバーと同時に差し込んでいく方法ですが、カバーの内側にビュレットセブンを通しておき、カバーのツメを引っ掛けながら同時に差し込んでく方法ですが、この際に使用するヘキサゴンレンチは先端がボールエンドでないと締められません。
bullet6.jpg
*カバーとビュレット7の上下方向の隙間はゼロです。カバーの個体差によりきついこともあるかもしれませんが、ビュレットセブンと接触する部分をヤスリ等で削ることはしないでください。接触させておいてください。カバーが脱落防止の役目をしています。
*ビュレットセブンの125と200用はノーマルマフラーの太さが違うので互換性はありません。

当店でご購入頂ければ無料にてお取り付けさせて頂きます。
KTM 125・200 DUKE 用のご試着品をご用意させて頂きました。
ご来店頂ければ購入前にお試し頂けます!

ストレイガ製エキゾーストシステムの販売をしています。
ワンオフ製作や仕様変更のオーダーも可能です。
当店でストレイガ製品をお買い上げ頂くと交換工賃サービス中です。
ストレイガ製品へのご希望やご質問などが有りましたら、お気軽にお問い合せください。

スポンサーサイト

ストレイガ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ビュレットセブン KTM 125 200 DUKE デューク 大好評販売中! | HOME | ビュレットセブン 発売開始! KTM 125・200 DUKE デューク>>

この記事のコメント

200に取り付けしましたが、カバーのツメを少し起こすくらいでは入りませんでした。 もう一つの方法→同時差し込みでしか無理でしたが、ボールジョイントでも回せなく…L型の先がショートタイプの物で下から何とか回せました。 地面に這いつくばって…意外と苦戦しました(笑)
2014-02-03 Mon 02:02 | URL | SNAK #-[ 編集]
ご報告有り難う御座います。何台も取り付けましたが、簡単に付く車両と難しい車両が有ります。カバーの穴の位置や大きさ、エンド部分の角度も微妙に違う様です。でも、絶対に付かないと言うほどの違いでは有りません。
2014-02-03 Mon 13:51 | URL | アローズ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。