メールフォーム
モータースポーツファクトリーアローズ ビュレットセブン KTM 125 200 DUKE デューク インプレッション!

モータースポーツファクトリーアローズ

作業日記です!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ビュレットセブン KTM 125 200 DUKE デューク インプレッション!

ビュレットセブン!私のインプレッションです。
開発作業の最終仕上げは、125・200DUKEの同時進行で走らせました。
ビュレットセブンを付けたり外したり、ストレイガ小林さんと二人で車両を交換しながらの試乗です。
最初のテスト内容は、スタートからゆっくりとアクセルを開けながらパワーやトルクの谷などが無いかの確認です。
125・200共にリトミックチタンエキパイ装着車両なので、低速からのトルクアップとリニアでスムーズな吹け上がりに違いは有りません。
ビュレットセブンを装着すると、そのままの特性にトルクがワンランクアップした様に感じられます。
ところが、さらに大きめにアクセルを開けてみると・・・全域でパンチの有る特性へと変化してます。
200DUKEは、5000回転からのパワー感が増してグングンと加速します。
125DUKEは、シフトダウンしてからの再加速時のギヤの繋がりが非常に気持ち良く吹け上がります。
どちらも一発一発の燃焼状態が良く燃えてますと言いたげな、パワフルな特性です。
純正エキパイだとアクセルを大きく開けても、ゆっくりと回転数に合わせてアクセルを開けても吹け上がり速度やパワー感に違いがほとんど出ません。
リトミックチタンエキパイ装着で大幅に改善されますが、パンチの有るパワフルな特性とまでは変化しませんでした。
リトミックエキパイとビュレットセブンの装着でアクセルを開けるのが楽しい別物へ変化します。
音の変化についてご質問が有りました。明らかに変化する!とは分かりませんが、総じて柔らかい方向になっていると感じました。

でも、これだけエンジン特性に変化が有るので・・・トンネルを走れば・・・?
ユーザー様のご意見ご感想をお待ちしてます。
bu03.jpg
当店でご購入頂ければ無料にてお取り付けさせて頂きます。
KTM 125・200 DUKE 用のご試着品をご用意させて頂きました。
ご来店頂ければ購入前にお試し頂けます!

ストレイガ製エキゾーストシステムの販売をしています。
ワンオフ製作や仕様変更のオーダーも可能です。
当店でストレイガ製品をお買い上げ頂くと交換工賃サービス中です。
ストレイガ製品へのご希望やご質問などが有りましたら、お気軽にお問い合せください。
スポンサーサイト

ストレイガ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ビュレットセブン リトミックエキパイ インプレ 好評発売中です。 | HOME | ビュレットセブン KTM 125 200 DUKE デューク インプレッション>>

この記事のコメント

音に関しては、何もないところでは差を感じることは難しいですが、中央分離帯が壁になっているところを走ると驚くほどはっきりと一発一発の排気音が聞こえ案外良い音出ているな!というのが印象です。最初聞こえたとき自分の排気音とは思わず周りを見渡したほどです。
2014-01-28 Tue 14:54 | URL | 三重のテストライダー(笑) #-[ 編集]
ご報告有り難う御座います。トンネルと壁沿いをテストコースに追加しないと・・・
2014-01-28 Tue 15:09 | URL | アローズ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。